「見る」と「観る」の違いを知る~研究の進め方

見ているようで見えていない

授業の時に「今日、大学まで来る通学途中にバスの運転手はどんな人でしたか?」と訊くと、ほとんどの学生は「男性の運転手でした」と答えます。しかし、「どんな制服でしたか?帽子をかぶっていましたか?何色のシャツでしたか?手袋はしていましたか?メガネをかけていましたか?何歳くらい?」など細部について訊いてもほとんどの学生は答えられません。はたして学生は運転手を見ていたと言えるでしょうか。


ある時、私の友人がこんなことを言っていました。「妻が妊娠して初めて自宅から最寄り駅までの通勤途中に3軒の産婦人科があることに気づいたよ」と。毎日同じ道で通勤しているにもかかわらず、その友人は産婦人科の病院が見えていなかったのです。正確に言えば、見ていたかもしれないけど、見えていなかったということです。事件の証言で求められる人間の目撃情報がいかにあいまいかということが言えますね(笑)。少なくとも「見る」という行為は「見えている」または「わかっている」ということは別物だと理解すべきでしょう。


なぜ友人は病院の存在がわかったのかといえば、2つの理由が考えられます。1つは、「妻が妊娠したのでどこの病院にお世話になったらよいか」という問題意識が頭の中にあるからこそ、「産婦人科」という看板に目が留まるのです。つまり、問題意識が「見える」につながっていると言えます。もう1つの理由は、この友人が「産婦人科とは女性が妊娠した時に通い・出産をする病院である」という知識があったことです。この知識がなければ、きっと見えることはなかったでしょう。問題意識とそれを理解するための知識があって初めて「見えた(気づいた)」のです。


人間は自分の持っている知識の量でしか、対象を見ることはできない

' The tool is only good as the man who wields it.'

知識とは、モノも見る道具であるということを最もよく理解できるのは、外国語を学ぶ時です。初めて外国語の文字を見た時に「文字」ではなく、「模様」「記号」としてみていると思います。しかし、言語のルール・規則や意味を理解してから同じ文字を見ると、そこには単なる「模様」「記号」でなはく意味のある「文字」に変わっているものです。


観るということ

もっと「見る」ということに拘って考えてみましょう。皆さんは、犬と猫の違いは何かを説明できますか? 

この問いに対する答えに困っている人が意外にも多いのではないでしょうか。見た目ではすぐに判別ができるのに、いざ説明しよとすると意外と難しいものです。犬も猫も同じ4本の足があります。2つの目があります。肌は毛におおわれています。尻尾が一本あります、などなど共通点が意外にも多く、違いが少ないからです。写真を見て犬か猫かを判別できたのは、あなた自身が頭に描いている犬というイメージ・猫というイメージと、目の前の生き物を重ねて推測しているのです。確かめたわけではありません。


もし、過去に犬を見たことがないか、または知識がなければ、それは「得体のしれない何か」にしか見えず、頭がフリーズするか、宇宙人であるかもと思うかもしれません。つまり犬に関する何らかの知識や経験があるから、それが犬であるということを類推しているのです。


しかし、その違いを明確に説明するためには、全体を見ただけでは難しいものです。この時に「見る」でなく「観る」技術が必要になります。

まずもっと細部を見る必要があります。犬や猫を視覚的に分解してみて、細かく比較してみると多くの違いが見えてきます。これが分析と呼ばれる方法です。また解剖して臓器や骨格の違いを比較する方法もあります。それでもわからない場合は、顕微鏡を使って遺伝子を調べることもあるでしょう。

また、長い時間をかけて見続ける観察という方法もあります。観察していると写真だけでは見えなかった鳴き声、歩き方や飛び方から行動の違いを判別できるようになります。

また、犬や猫の歴史進化の過程)から説明することもできます。犬や猫の祖先は何かを辿ることでその違いを説明できるかもしれません。

このような普段の「見る」から見る方法を替えることで、おぼろげな全体像が少しずつ鮮明になっていきます。これがまさに「学問」であり、「研究」なのです。研究は誰にでもできます。そのやり方さえ体得すれば誰にでもできるようになります。

一方、同じ見るでも「観る」という言葉があります。「観」という字を使った言葉に「観光」があります。皆さんが学ぶ観光学で使われている「観光」とは、古代中国の周の時代に書かれた『易教』に出てくる一説「国の光を観る」が起源となっており、「他国の類まれな宝や実情を視察すること、および見聞を広げること」を意味しているそうです。今では「観光」と言えば、遊び・娯楽・楽しみを意味する言葉ですが、元来「観光」には、学ぶという意味が含まれているようです。


このように普段の「見る」を「観る」に替えて物事をみていくことで、ぼんやりした全体像が、少しずつ鮮明になり、明らかになっていくのです。

研究テーマを探す学問の「問い」

次に「学ぶ」とは何か考えてみましょう。


高校までの「学習」とは、教科書に書かれた知識をとにかく暗記していくことが求められ、大学受験もそれを前提に出題されます。しかし、大学での学び、特に論文を書く研究とは「学習」とは少し異なります。大学での学びとは「学問」です。


学問とは文字通り「問い」から始まるのです。問いとは、疑問、問題意識といってよいかもしれません。当たり前であったこと、常識として言われていたこと、通説として言われていることをあえて批判的に見てみるという行為から疑問や問題意識が芽生えるものなのです。それは、「批判」といっても反論するという意味ではありません。「世の中の人はこう言っているけれども、本当にそうなのか自分が納得できるように調べてみる」という姿勢です。

ここにもう一つの「観る」の意味があります。ただ「見ている」だけでは、何も疑問は湧いてきません。「ああ、そうか」で終わりです。「本当にそうなのか」「なぜそうなのか」と疑ってみることです。人の話を聞いて質問が出てこない理由は、鵜呑みにして批判的に聞いていないからです。

研究テーマを探すためには、物事を批判的に「観る」必要があります。日常的に得るニュース、友達や家族との会話や授業での先生の話を「本当にそうなのか」、目にみえてくる物事を「どうして」と問うのです。

研究テーマは、自分がわくわくできる物事でなければなりません。研究テーマは誰か他の人から与えられるものではありません。自ら関心がある物事をあえて批判的に「観る」ことが、研究テーマを探すコツです。

そうして生まれた「問い」を解明するために、先行研究の文献を読んだり、自分の考えを証明するために様々な調査を行い、それを言葉に変換していくのが研究論文です。

研究テーマとは、遠くの国や難しい社会現象だけではなく、意外と自分の身近なことにあるものです。人間の物事に対する考えとは、そのほとんどが仮説や推論です。犬とは何か、猫とは何か。普段知っているつもりのことさえ、私達はその説明さえできないのですから。


学問とは後ろ向きな行為

私の大学院時代の指導教官にこんなことを言われて驚いた経験があります。「自分が調べた事柄について、将来はこうすべきだとか、将来はこのように変化するであろうとかを述べるのは、学問ではない。学問とは、常に事実の説明という後ろ向きな行為である。」この言葉を聞いて反発した心情をもった記憶があります。自分の独自の主張をすることが論文ではないのかと。しかし、研究を進めていくうちにこの言葉の大切さを実感していくことになります。


人間が見ている事実とは、本当のことなのかどうか実は怪しいものです。それを示した事例が冒頭の質問です。私たち人間は「見ているようで見えていない」のです。私も研究を進めていくうちに、自分がその分野に関してただ知っているつもりなっていたことを痛感しました。私の知識の程度とは、漠然としたおぼろげな全体像(イメージ)や氷山の一角しかみていなかったのです。学問とは既に起こった事象について、それがなぜ起こったのか、その辿った経過がなぜそうなったのかを科学的な方法で調べ、丹念に細部をひとつひとつ説明していくことに尽きます。それができれば研究対象としている事象が、おぼろげでなんとなくのイメージではなく、くっきりと鮮明に浮かび上がってくるのです。


1543年に種子島に伝来した火縄銃。複製を作るように命じられた刀鍛冶の八板金兵衛(やいた きんべえ)らがたった4ヶ月という短い時間で日本初の火縄銃を完成させました。この時に、八板金兵衛がおぼろげな全体像でしか火縄銃を見ていなかったら、32年後に織田信長が長篠の戦いで大量に火縄銃を実戦で使い勝利することはなかったでしょう。科学的な研究とは、あなたが説明した手順で同じことをした時に同じ結果になるという再現性・一般性こそが求められるのです。



学問は創造的な行為

学問とは、当たり前を疑ってあえて「問い」を立てて、既に起こったことを「観る」後ろ向きなものだと言えば、「そんなの意味がないよ」という声が聞こえてきそうです。しかし、断言します。そんなことはありません。社会に出て、こうした学問の姿勢を身につけた人は、どんなところでも重宝されます。これは、上司から新しい企画を求められ、顧客に新たな提案を求められた時に最も力を発揮します。課題をみつけ、根拠をもって説明できれば、説得力を持ちます。それは単なる推論でなく、論理的な推論(仮説)になるのです。


また、学問が役立つことのひとつに類推力(Analogy)があります。類推とは、似たような事柄を他にも推しはかること、相互に類似する点をもとにして、ひとつの特殊な事象から他の事象へ推理を及ぼすことです。この類推は、研究の方法としてしばしば使われます。類推法とは、「ある事象に関する説明あるいは分析方法を、その事象のもつ特定の要素あるいは条件に着目して、それと共通性のある要素あるいは条件をもっていると考えられる他の事象に適用することによって、解明の手がかりを得ようとすること」です。 


具体的にいうと、例えば、ある海水浴場のある観光地域の変容や社会経済的な特徴を研究していれば、別の地域に出会っても、同じような特徴を持った地域ならば推測や応用をすることができるようになるということです。実は、創造力とはこうした分野を超えた類推の行為の賜物と言ってもよいでしょう。


新しいアイデアや商品とは、ゼロからつくりあげられるのではなく、異なる分野や遠い国からの模倣によって実現していることがわかっています。イタリアでのエスプレッソバーでの体験をきっかけに創業したアメリカのスターバックス、ニューヨークの交差点に停まっていた配送車から個人向け宅急便を開発したクロネコヤマト、アメリカのスーパーマーケットの陳列方法から編み出したトヨタ自動車の生産管理手法「カンバン方式」、韓国のメガネ店での格安メガネの発見とユニクロの小売製造というビジネスモデルから「アイウェア」を開発したJINSなど枚挙にいとまがありません。類推力がイノベーションの役に立っているのです。


大学での「学問」とは研究をすることであり、知識を得るだけの「学習」とは異なります。研究を進めるには、物事を単に「見る」ではなく「観る」ことで可能になります。「観る力」を身につけるのは簡単ではありません。しかし、各自関心のあるテーマを対象に探究していく「研究」を通じて、「観る力」を訓練をするのが、論文を書くことの意義なのです。

(以上)

SAMETAKU-LAB 鮫島卓観光デザイン研究室

鮫島ゼミ(観光デザイン研究室)の研究・大学教育・ゼミ活動・社会貢献などの活動をお知らせするサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000