【募集】2/27(木)さめたく塾⑫「持続可能な観光と地域活性化、旅人の役割」

TABIPPO旅大学【旅の可能性を探究する観光学とは】

あなたにとって「旅」とは何でしょうか。人類の旅の歴史を振り返ると、生きるための旅、お参りの旅、自ら楽しむための旅など時代と共に、その目的は変化してきました。テクノロジーの進化・グローバル化・あらゆるものが流動する現代社会の中で、これから旅はどうなっていくのか。変わらない旅の力とは何か。観光学の観点から旅の可能性を探究するのがこの科目の目的です。


【今回のテーマ】「持続可能な観光と地域活性化、旅人の役割」

今回のテーマは、「持続可能な観光と地域活性化、旅人の役割」です。観光を地方創生の切り札として注目されています。しかし、人口減少が進む地方では、地方創生の名のもとに多額の補助金が使われ、持続可能とは言い難い一時的な対処療法となっているケースが散見されます。そもそも持続可能な観光とは何でしょうか。

情報伝播や技術進化が猛スピードで進む現代社会は、社会全体がF1レース化しています。視野が狭く、思考も短期的になりがちで、地球レベルの広い空間軸や世代を越えた長い時間軸を持ちにくい時代とも言えます。そうした中で、改めて「持続可能な観光」という言葉の意味を考えたいと思います。

ゲストは、「流氷ウォーク」「番屋エコツーリズム」など数多くの地域でエコツーリズム開発に取り組んできた札幌国際大学准教授の藤崎達也さんです。観光による地域活性化に関する話題提供から「持続可能な観光」の意味を紐解き、旅人の役割についても考えていきたいと思います。

主宰者:鮫島 卓(さめたく)
旅人、駒沢女子大学 准教授(観光学)

創造的旅行者とイノベーションの関係、観光における社会的共通資本の研究。世界70ヶ国を訪れた旅人。元H.I.S.テーマ旅行総合プロデューサー。創業者澤田秀雄代表の下で経営企画・業務改革・モンゴルプロジェクト・ハウステンボス再生事業を担当。エコ・スタディツアーの取組みで観光庁長官賞受賞。2017年より現職。帝京大学経済学部非常勤講師。稲城市観光協会会長、種子島大学アドバイザーとして地域づくりにも関わっている。

ゲスト:藤崎 達也(ふじさき たつや)
札幌国際大学 准教授 

東京都出身。会社勤務の後、北海道に移住。知床初のネイチャーガイド事業としてNPO知床ナチュラリスト協会を設立、代表理事就任。不利を魅力に変えた「流氷ウォーク」の開発などによって年間を通じたガイド業を定着させた。岩手県田野畑村にて「番屋エコツーリズム」をプロデュースするなど各地の地域活性化に貢献。その後、稚内北星学園大学准教授、2018年より現職。専門・研究は観光ガイド事業。


当日のタイムテーブル
19:15 開場・受付
19:30 イベント開始
19:30-19:50 TABIPPO説明&アイスブレイク
19:50-21:20 トーク&ディスカッション
21:20-21:30 質問タイム
21:30 終了
21:30-23:00 交流会(別途1500円)

※終了後、懇親会があるので、そちらもご参加下さい!

※お酒を飲みながら、講師や参加者も同じテーブルで色々話そうと思います。


イベント概要

日 時 : 2020年2月27日(木)
     ・トークライブ:19:30-21:30
      ・交流会:21:30-23:00

会 場 :TABIPPO 渋谷オフィスhttps://tabi-daigaku.jp/rooms/144

募集人数:50名(人数に限りがあるので申込みはお早めに)

参加費:・トークライブ参加費:2500円

    ・交流会参加費:1500円 ※お酒をご飯をご用意します。

申 込 :オンライン申込(事前申込必要)

SAMETAKU-LAB 鮫島卓観光デザイン研究室

鮫島ゼミ(観光デザイン研究室)の研究・大学教育・ゼミ活動・社会貢献などの活動をお知らせするサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000