ゼミ活動

ゼミのテーマは「観光学の知見を社会課題の解決に活かす探究」です。観光学は、歴史学、地理学、社会学、文化人類学、経済学、経営学、心理学などあらゆる分野から観光を探究する学問です。教員は、元々経済学・経営学・マーケティングの観点から観光を探究することを専門としてますが、そこに囚われることなく学際的に観光現象を研究しようとしています。


ゼミでは、文献の探し方、輪読、調査方法を学びながら、自分の関心のある研究テーマを見つけてゼミ論(8000字以上)を仕上げていくことを目標にします。また、有志が授業時間以外に取り組むサブゼミ(研究分科会)では、授業で学んだ知識を現実の課題解決に活かす実践を行っています。これは3・4年生が合同で取り組みます。


例えば、観光マーケティング地域ブランディングの知識を学びながら、ツアー企画、観光まちづくりの実習を通じて、商品開発、新規事業開発の技術を学ぶことができます。多くの外部の社会人と関係を持ちながらの実践は、社会人としての自覚を育みます。女子大ですが良妻賢母養成ではなく、将来の経営者の卵、管理職、起業家を育成することを目指しています。


【サブゼミ活動実績】
① 海外旅行研究会:HIS、タイ政府観光庁と連携したZ世代向け「遊学旅」開発
② 観光まちづくり研究会:稲城市観光協会と連携し、観光資源調査および観光ルートづくり等地域貢献活動

※上記以外にも新たな分科会が活動予定です。