プロフィール

鮫島卓 Taku Sameshima さめたく

旅人(世界70ヶ国)
駒沢女子大学 観光文化学類 准教授(観光経営学・観光マーケティング) 
帝京大学 経済学部 観光経営学科 非常勤講師
一般社団法人 稲城市観光協会 会長
さめたく塾「旅の可能性を探求する観光学」公開講座 主宰 


1973年鹿児島県生まれ。立教大学大学院観光学研究科博士前期課程修了。世界70ヶ国を旅したバックパッカー。1996年H.I.S.入社後、エコツアー・スタディツアー・ユニバーサルツーリズムなどテーマ旅行総合プロデューサーとして数々のヒット商品を開発。「旅行」と「教育」を結合させたスタディツアーの取組みで観光庁長官賞受賞。モンゴル建国800周年記念事業実行委員会事務局長としてチンギス・ハーン騎馬隊1000騎を大草原で再現する日蒙合作の国際観光イベント「ユーラシアの祝祭」を堺屋太一氏らと企画実施。経営破綻したハウステンボス再生事業担当として初の黒字化に貢献するなどH.I.S.の数々の新規事業に関わり、成長を支える。ミャンマー・ブータンなど途上国でのJICA観光開発プロジェクトや日本各地での観光プロデュースを経て、2017年より現職。

観光研究で人生と社会をより良くする

「観光研究で人生と社会をより良くする」をテーマに、より良い旅のあり方や持続可能な地域観光開発・旅行商品開発の方法論を研究している。専門は観光学、観光マーケティング。

《研究業績・著書》
・『旅行企業の経営戦略~経営戦略が生産性に与える影響~』
・「旅行商品におけるカーボンオフセットと地球環境保全の取組み」『企業の CSR 最前線』交通新聞社
・「低成長時代の観光のまなざし」『国立公園』自然公園財団 
・『世界の絶景さんぽ』二見書房(編著)
・『ツーリズムを活用したイノベーション創発に関する研究』駒沢女子大学研究紀要
・『創造的消費者との共創による旅行商品開発に関する研究』駒沢女子大学研究紀要
・『観光ビジネスワークブック~観光デザイン論~』駒沢女子大学教科書シリーズ
・『旅行業実務論』駒沢女子大学教科書シリーズ
・『観光マーケティング』駒沢女子大学教科書シリーズ
・『観光政策論』駒沢女子大学教科書シリーズ


《主な講演実績》
・2017年ツーリズムEXPO「持続可能な地域観光開発セミナー」ファシリテーター
・2018年東京地下鉄メトロの卵 講演「観光におけるイノベーション」
・2018年稲城市観光シンポジウム 講演「観光振興とシビックプライド」
・2019年全国市議会議長総会 講演「世界目線の都市観光政策」
・2019年ハワイ会ジャパン講演「ハワイ観光を再考する」

・2019年種子島大学主催観光シンポジウム講演「観光を活かす7つのポイント」


《駒沢女子大学 鮫島ゼミ》
駒沢女子大学 鮫島ゼミは、模擬「観光デザイン会社」として運営。教育のための教育でなく、地域や企業の課題にふれて学生が主体となった課題解決型の実践的な授業を行っています。観光マーケティングを専門として、DMO・観光協会・旅行会社・DMC向けに観光商品開発・プロモーションの企画提案をしていき、学生ならではの視点で社会に貢献することを目標にしています。
(過去の取組み)
・H.I.S.との共同開発「遊学旅」プロジェクト
・稲城市観光協会 観光資源調査および観光プロモーション活動


《公開講座さめたく塾》
2018年5月より市民向け勉強会「さめたく塾」を主宰。「旅を学ぶ、旅から学ぶ」をコンセプトにしたTABIPPO旅大学で『旅の可能性を探求する観光学』の科目として開講しています。毎回、観光研究者や第一線で活躍する専門家をゲストに、会場を巻き込んだトークセッションを通じて刺激的な知的探求講座です。旅するように出入り自由な誰でも参加できる講座ですので、関心のあるテーマの時だけの参加で問題ありません。講座の後には懇親会もあり、ゲストや参加者同士の交流の機会もあります。’Never too late' 人生100年時代において、何かを学ぶのに遅すぎることはありません。何歳になっても好奇心をもって学ぶあなたを応援できる機会にしたいと思います。詳しくは講座案内をご覧ください。

さめたく塾『旅の可能性を探求する観光学』講座案内


《趣味》
・地球儀を眺めること
・街並みハンティング
・野球


《連絡先》
駒沢女子大学 観光文化学類 606研究室
東京都稲城市坂浜238 
鮫島 卓
mail: t-sameshima@komajo.ac.jp

大学までのアクセス