プロフィール

鮫島卓 Taku Sameshima さめたく

旅人(世界70ヶ国)
駒沢女子大学 観光文化学類 准教授(観光学・経営学・観光マーケティング) 
帝京大学 経済学部 観光経営学科 兼任講師
沢田経営道場 「ツーリズムと地方創生」講師
一般社団法人 稲城市観光協会 会長
TABIPPO旅大学「旅の可能性を探究する観光学」メンター 


略歴

1973年鹿児島県生まれ。明治学院大学国際学部で国際経済学専攻。立教大学大学院観光学研究科博士前期課程修了。世界70ヶ国を訪れた旅人。1996年H.I.S.入社後、販売・企画を経験後、エコツアー・スタディツアー・ユニバーサルツーリズムなどテーマ旅行総合プロデューサーとして数々のヒット商品を開発。「旅行」と「教育」を結合させたスタディツアーの取組みで観光庁長官賞受賞。モンゴル建国800周年記念事業実行委員会事務局長としてチンギス・ハーン騎馬隊1000騎を大草原で再現する日蒙合作の国際観光イベント「ユーラシアの祝祭」を堺屋太一氏らと企画実施し、モンゴル駐在も経験。経営破綻したハウステンボス再生事業担当として初の黒字化に貢献するなどH.I.S.の数々の新規事業に関わり、成長を支える。ミャンマー・ブータンなど途上国でのJICA観光開発プロジェクトや日本各地での観光プロデュースを経て、2017年より現職。

業績・観光研究で人生と社会をより良くする

「観光研究で人生と社会をより良くする」をテーマに、旅の様々な可能性を探究し、持続可能な地域観光開発・旅行商品開発の方法論を研究している。専門は観光学、イノベーション・事業開発、観光マーケティング。

《研究業績・著書》
・『旅行企業の経営戦略~経営戦略が生産性に与える影響~』
・「旅行商品におけるカーボンオフセットと地球環境保全の取組み」『企業の CSR 最前線』交通新聞社
・「低成長時代の観光のまなざし」『国立公園』自然公園財団 
・『世界の絶景さんぽ』二見書房(編著)
・『ツーリズムを活用したイノベーション創発に関する研究』駒沢女子大学研究紀要
・『創造的消費者との共創による旅行商品開発に関する研究』駒沢女子大学研究紀要
・『観光ビジネスワークブック~観光デザイン論~』駒沢女子大学教科書シリーズ
・『旅行業実務論』駒沢女子大学教科書シリーズ
・『観光マーケティング』駒沢女子大学教科書シリーズ
・『観光政策論』駒沢女子大学教科書シリーズ


《主な講演実績》
・2017年ツーリズムEXPO「持続可能な地域観光開発セミナー」ファシリテーター
・2018年東京地下鉄メトロの卵 講演「観光におけるイノベーション」
・2018年稲城市観光シンポジウム 講演「観光振興とシビックプライド」
・2019年全国市議会議長総会 講演「世界目線の都市観光政策」
・2019年ハワイ会ジャパン講演「ハワイ観光を再考する」
・2019年種子島大学主催観光シンポジウム講演「観光を活かす7つのポイント」

《駒沢女子大学 鮫島ゼミ》
駒沢女子大学 鮫島ゼミは、観光スポットの新規事業開発やイノベーションをテーマに、地域や企業の課題にふれて学生が主体となった課題解決型の実践的な授業を行っています。女子大ですが良妻賢母養成ではなく、将来の経営者の卵、管理職、起業家を育成することを目指しています。観光学の学際性を活かして、DMO・観光協会・旅行会社・DMC向けに観光商品開発・プロモーションの企画提案をしていき、学生ならではの視点で社会に貢献することを目標にしています。

(過去の取組み)
・H.I.S.との共同開発「遊学旅」プロジェクト
・稲城市観光協会 観光資源調査および観光プロモーション活動


ご挨拶・ちょっと長めの自己紹介

この度は、駒沢女子大学観光文化学類 准教授・鮫島卓(さめしまたく)の「SAMETAKU LAB(鮫島卓観光デザイン研究室)」にお越しいただき、ありがとうございます。

「SAMETAKU LAB」は、僕の研究・教育・ゼミ活動・社会貢献などの活動をみなさまにお知らせするサイトです。


私の専門は「観光学」です。観光学の面白さは、わかっていそうで実はよくわかっていない「観光」についてあらゆる学問の観点から探究するところです。学問の世界は、社会学・経済学・経営学・地理学・文化人類学・歴史学・心理学・文学など様々な専門分野が存在しますが、その専門性に囚われず「学際的」であることが観光学の魅力なのです。ある意味で、枠を飛び超える爽快さのある学問です。一方で、歴史も浅く、どっちつかずなふわふあしたもののように形容され、軽い学問と見られがちですが、新たな挑戦的な学問だと私は考えています。


さて、私は鹿児島県の坊津(ぼうのつ)という小さな漁村で生まれ育ちました。小学3年時に町に漂着したヨットで世界一周中の四人家族に出会った影響で自分の地域以外に関心をもつようになり、授業中に先生の目を盗んで、ひたすら日本地図や世界地図を模写している地図好きの小学生でした。趣味は、地球儀を眺めること。今でも地球儀を眺めてどこに行こうか考えている時が最も幸せな時間です。


そして、父親の影響もあり歴史好き。高校時代は世界史を専攻していましたが、「世界史」と「日本史」を分ける歴史の学び方に疑問を持ち、自分なりに「世界の中の日本史」を独学していました。世界の出来事と日本の出来事は全く関係ないようで、実はつながっていることが多く、謎解きの感覚で「世界史」「日本史」両方の教科書を使って自分で学んでいました。


大学生時代からひとり旅にはまり、これまで全国47都道府県・世界70ヶ国を旅してきました。世界一周もしました。大学時代は「国際学」を学び、特に国際経済学・開発経済学を専攻しました。


たいしてやりたいことも見つからないまま、「30ヶ国訪問」というアピールだけで当時ベンチャー企業だったH.I.S.に入社し、販売・ツアー企画など様々な業務を経験。経営企画にも関わり、創業者の澤田秀雄さんの近くでリアルな「経営」を実践しながら学べたのは大きな収穫でした。


30歳を前に悶々とする中で、今の仕事を見つめ直して「旅行」と「経営」「地域活性化」を体系的に学べないかと考えていたところに「観光学」という新しい学問に出会い、働きながら大学院に通い、観光学修士となりました。働きながらというのは大変きつかったのですが、批判的に物事を探究する研究姿勢や新たな人脈が広がったのは言うまでもありません。 


その後、仕事ではモンゴルに駐在して、故堺屋太一さんらと政府主催の国際イベントの企画実施したり、ハウステンボスの再生事業、国内バスツアー新規事業立ち上げ、エコツアーやスタディツアー事業開発のほか、70名の部下を抱える部署の責任者としてマネジメントも経験しました。


そんな私が43歳の時に大企業の管理職の地位を捨てて、現在の職を選んだ最大の理由は、「旅の力」を研究し、多くの人々(特に若者)に伝えたいと考えたからです。旅行業に従事していると当然ながら「旅行する人」しか接点を持ちません。実は旅行する機会を持つことができない人はまだまだたくさんいます。その意味では、一度飛び出る必要があるなと考えたのです。


私にとって不可欠な存在が、「旅」です。あなたは何者ですか?と聞かれたら「旅人」と答えます。


私にとって旅とは、単なる趣味・娯楽ではなく、人生を変え、社会を変える可能性に満ちたものです。人々に生きる勇気や希望を与えます。観光による交流は、経済の活性化はもちろん、文化を創造します。


また旅は学びの効果があります。その研究にも着手しています。旅の学びとは「川を上り、海を越える」ことです。「川を上る」とは歴史から学ぶこと。あらゆるものを短期的なスパンではなく歴史的な観点でみること。そして「海を越える」とは世界から学ぶことです。自己中心の天動説でなく自己相対化する地動説の観点で物事をみることです。


現代社会はF1レース社会です。猛スピードで走ることができる一方で、視野が狭く、短期的な思考になりがちです。固定観念に囚われない批判思考、地球という広い空間軸と、ひとりの人生よりも長く世代を超えた時間軸で、謙虚に学び取る姿勢が、情報伝播や技術進化が速く不確実で流動的な現代にこそ求められているように思います。その意味では、旅は最高のツールです。


近年、訪日外国人の増加によって観光への注目が大きくなっていますが、日本に限ったことではなく現在世界では約14億人が、そして2030年に18億人と世界人口の5人に1人が国際観光者になり、人類がいまだかつて経験していない大移動・大交流時代を迎えようとしています。観光や国際交流は、観光産業や特定の人だけが関わることではなく、多くの人々が関わる現代社会の象徴的現象として考える必要があります。


外国人に出会うのも、海外ではなく日本国内で当たり前のように起こります。留学して英語ができて世界と戦える特定のエリートだけが「グローバル人材」である時代は、終わりました。それはそれで必要なことですが、それよりも「市井のグローバル人材」の育成が必要となっていると思います。ひとりひとりが民間外交官の時代です。


その意味で旅は最高の学びのツールです。旅は、「遊びから世界を学ぶことができる最高の学校」です。ツーリズムは「楽しみのための見物’Sightseeing’」という意味だけではなく、経済・文化・教育・健康において人間や社会をより良く変えていく可能性に満ちたものなのです。私自身、消極的で行動力がなかった自分が、旅をすることで自信と成長を手にしてきた実感があり、旅は人を変える力もあるようです。旅は人生を変え、世界を変える力がある、そう信じています。


「観光学」は「実践現場をもつ研究分野」であり、その研究を現場に「還元」していくことが、常に社会から期待されている分野でもあります。一般に、研究者は、学術発表を、論文・書籍・学会発表のかたちでおこないます。それらの機会は、確かな手続きと方法の中で厳密な知識・情報を伝えるためには最良のメディアですが、社会にその知見が還元されるまでには長い時間がかかります。また実務家の中には、専門用語が多用されることの多い論文・書籍・学会発表は、「敷居が高い」と考える方も数多くいらっしゃいます。


こうした現状をふまえて、僕は、自らホームページをつくること、そして公開講座で僕の研究や活動を、なるべく早く、かつ、わかりやすくお届けしたいと考えるようになりました。


このホームページには、僕が関わってきた様々な研究情報、教育情報、イベント情報が、日々、掲載されます。

本サイトへのリンクはフリーです。基本的には、他メディアへのご紹介はご自由になさってください。本サイトで公開しているすべてのファイルは、他のメディアに引用・転載なさるときは、このサイトの名称・URL・著者名を示すなど、引用のルールに従っていただけますと幸いです。

ツーリズムの世界をともに楽しみましょう!

鮫島卓 さめたく

Taku Sameshima


《公開講座》
2018年5月より市民向け勉強会「さめたく塾」を不定期で開催しています。「旅を学ぶ、旅から学ぶ」をコンセプトにしたTABIPPO旅大学で『旅の可能性を探究する観光学』の科目として開講しています。毎回、観光研究者や第一線で活躍する専門家をゲストに、会場を巻き込んだトークセッションを通じて刺激的な知的探求講座です。旅するように出入り自由な誰でも参加できる講座ですので、関心のあるテーマの時だけの参加で問題ありません。講座の後には懇親会もあり、ゲストや参加者同士の交流の機会もあります。’Never too late' 人生100年時代において、何かを学ぶのに遅すぎることはありません。何歳になっても好奇心をもって学ぶあなたを応援できる機会にしたいと思います。詳しくは講座案内をご覧ください。



《連絡先》

駒沢女子大学 観光文化学類 606研究室
東京都稲城市坂浜238 
鮫島 卓
mail: t-sameshima@komajo.ac.jp

大学までのアクセス