さめたくゼミとは

駒沢女子大学 観光文化学類 さめたくゼミへようこそ!

このサイトではこれからゼミを選択しようとする2年生を対象に、ゼミ選択の参考になるように「さめたくゼミ」の情報をお伝えします。


ページの目的

このページの目的は、受講生と教員のミスマッチを防ぐことです。内容をよく読んで、自分の希望に合っているか確かめた上で応募してください。


ゼミのテーマと内容

ゼミのテーマは「観光の可能性を探究する」です。観光学は、歴史学、地理学、社会学、文化人類学、経済学、経営学、心理学などあらゆる分野から観光を探究する学問です。教員は、元々経済学・経営学・マーケティングの観点から観光を探究することを専門としていますが、そこに囚われることなく学際的に観光現象を研究しようとしています。

観光は単なる遊び・娯楽を超えた可能性に満ちたものです。しかし、教員は、単に観光客を増やし経済的側面だけを評価するような観光を望んでいません。観光のための観光も望んでいません。社会にとって地球にとってより良い観光とは何かを研究しています。観光者、観光産業、地域社会が長い時間軸でバランスよく発展し、かつ地球環境や地域文化が豊かな状態で創造・保全されていく観光のあり方を探究しています。観光が社会をより良くする道具であるために何が必要なのか、皆さんの共に考えていきたいと思います。

【本ゼミ】
授業で行うゼミを「本ゼミ」と呼びます。基本的には、文献購読・輪読や調査方法を学びながら、自分の関心のある研究テーマを見つけてゼミ論(8000字以上)を仕上げていくことを目標にします。4年生の後期には、ゼミ全体でツアー企画をして学年全体で合同発表会を行います。

【サブゼミ】
サブゼミとは、授業以外の時間を使って希望者だけが参画するゼミ内サークル(研究分科会)です。授業で学んだ観光学やマーケティングの知識を実践することを目的にしています。これは3・4年生が合同で取り組みます。この分科会を「ゼミ論」のテーマにつなげてもよいでしょう。
本年度は下記の分科会があります。
① 海外旅行研究会:HIS及び外国政府観光局と連携した「Z世代向け」商品開発 
② 観光まちづくり研究会:観光協会と連携し、観光プロモーション等地域貢献活動
③ 教育旅行研究会:ANAと連携し、中高生向けの旅行の教育効果向上策を研究
④ 地方創生研究会:ANAと連携し、地域課題解決型ツアー開発
⑤ 旅メディア研究会:TABIPPOと連携し、イベント・WEBメディアの企画・執筆・編集

※上記以外にも学生の発案で新たな分科会を設立することも可能です。(例)インバウンド活性化研究会、エコツーリズム研究会など。


ゼミの運営

最初に言っておきたいのは、さめたくゼミは「厳しいゼミ」です。その厳しさは、皆さんが30歳になったときにこれをやってよかったと思える、自分を成長させるハードルだと認識してください。厳しい理由は5つあります。

1つは、反転授業の授業運営であることです。授業を試合本番として考え、議論や発表の機会としています。授業は、講義形式で知識を伝達することはしない反転授業です。従って、知識を得る練習の時間は授業外で各自で行うことになります。授業外で知識を得るためのテキスト・動画・資料を用意しますので、予習が必要になることを覚悟してください。


2つ目は、推敲(すいこう)を大切にしていることです。レジュメ、レポート、プレゼン資料、ゼミ論、パンフレットなど皆さんはたくさんの制作課題が与えられ、そして発表会やWEBサイトを通じて公開されます。常に「他人に読まれることを前提に書く」ことが求められます。そのため、一発合格は決してありません。推敲とは、よくしようと何度も考え、作り直して、苦心することです。この推敲作業を非常に重視します。推敲は教員がするのではなく、学生同士で推敲します。自分のつくったものを他人の目にさらすことは、はじめは嫌なことかもしれませんが、そのうちに慣れてきます。謙虚に学び続ける姿勢は大切なことです。失敗を成功の糧にする姿勢を身につけることができれば、きっとあなたは一生涯、学び続けられる人になるでしょう。


3つ目は、授業で全員が1回以上発言を求められることです。授業中に発言をしないことは出席したとみなしません。誰かがやってくれるとういう受動的な姿勢の学生は求めていません。環境をつくるのはそこに参加している人間です。ゼミが良くなるのも、悪くなるのも参加しているあなた自身の行動が影響を与えているという認識を持ってください。


4つ目は、休日・夏休み・春休みも行事があります。この内容は毎年変わりますが、例年5月週末には3・4年生合同で稲城市内で1日スタディツアーを実施し、新3年生を4年生が歓迎する新歓コンパを行います。また、夏休み・春休みにも観光地視察と研究発表を兼ねたイベントを行います。これは学生主体で企画して行います。


5つ目は、サブゼミがあることです。サブゼミとは、あるテーマのもとに学生が主体的に学ぶ分科会のことで、授業で学んだ知識を実践することを目的としています。サブゼミは全員ではありません。希望者のみです。しかし、授業以外に毎週1回以上メンバーが時間を作ることが必要になります。また、毎年テーマは変わりますが、実社会の課題解決に取り組みますので、社会の多くの方々と接点を持ちながら、社会人としての自覚を育むには良い機会となり、人脈も広がるので就職活動の役に立つというメリットがあります。


こんな学生を求めています 

Stay Hungry!   

僕は、これまでの成績はあまり気にしていません。人間は誰でもその気になれば変われると信じているからです。しかし、自分の心を変えるのは自分しかいません。やりたいことは、どこからか降って湧いてくるものではなく、きっかけを待っていても訪れません。それは、探すために行動できる者にしか与えられません。現状に満足せず常にベストをつくすことを求める学生を求めます。「それが本当にやりたいことなのか?」を常に問いながら、諦めずに挑戦してほしいと思います。


ひとり旅をしよう

ぜひひとり旅をしよう。世界中を旅した僕自身も、旅から多くのことを学びました。特に、ひとり旅は、自分の意思で物事を実現していく人生を歩く訓練になります。人生は思ったより短いものです。どんな人も必ず死をいずれ迎えます。その意味で、命とは死ぬまでの限られた時間です。じっくりと自分自身と向き合うのに、ひとり旅は最高のツールです。もっと世界を楽しもう!


自分を信じられる人

日本は残念ながら社会に出ると、褒められることがあまりありません。(褒め合う文化はぜひ浸透させたいと思っていますが・・)また人生において、万事予定通りいくことは稀で、辛いこと、苦しいこと、悲しいことは避けて通ることはできません。その時に自分の励まし背中を押してくれるのは、過去の自分です。未来の自分のために、今を大切に生きることを学んでください。人生は誰一人として同じ道はなく、だからこそ面白いのだと思います。辛いことが49あっても、希望を51持つことができるように前向きに生きるために必要なことは、他人からの評価ではなく自分で自分を褒める自己肯定力です。それを身につけるためには、何かに挑戦し、乗り越えた成功体験があることが大切です。ゼミの仲間や先輩、OGたちと互いに励まし合いながら自己肯定力を培うゼミでありたいと考えています。


《推薦図書》

授業で取り上げますが、ぜひ自主的に読んでください。

たかのてるこ『 生きるって、なに?』テルブックス
 ⇒ 旅の力を理解し、勇気をもらえるエッセイ。

前田勇編『新現代観光総論』学文社
 ⇒ 観光学の入門書です。これを理解してからゼミに挑んでください。

山中速人『ハワイ』岩波新書
 ⇒ 「楽園ハワイ」を批判的・多様な視点で学び、観光の本質を考える。

アレックス・カー『美しき日本の残像』朝日文庫
    ⇒ 観光の視点で日本文化の本質を考え直す。

外山 滋比古『思考の整理学』ちくま文庫
 ⇒ 物事の考え方を学び、論文を進めるのに役立つ。


また、4年の最後に「ゼミ論」を提出します。自分の好きなテーマに関する研究論文または新規事業計画(8000字以上)を書き上げます。これは大学での学びの集大成です。では大学での学びとは何か。『「見る」と「観る」の違いを知る~研究する「まなざし」を参考に、大学での学びとは何かを考えるきっかけにしてください。